埋没系女装をめざす、れいの女子的おでかけ日記・・・

きれいな女子に憧れて、女子姿でおでかけするささやかな日記

世界で36番目に大きい島へ〜海の見える駅と「ゆふいんの森」の日 「白いソニック」で海の見える駅、豊後豊岡へ。そして、楽しみ、癒された昼下がりのひととき。。。

この日は平日の朝につき、駅までの道すがらは多くの通勤される方とすれ違います。そう、人がお仕事されてる時に遊ぶこの快感。。。たまりませんね〜😁
f:id:hikarireinagatsuki:20210922121123j:image

久大本線の復旧に気づくのが遅れて、博多〜別府の最前列が取れず、別府〜博多の最前列を確保いたしました。なので、行きは日豊本線で大分まで行き、ちょこっと戻って海の見える駅「豊後豊岡」へ先に参ります🌊

目をキッと見開いてます👀自分でも、ちょっと怖い顔だな・・・。
f:id:hikarireinagatsuki:20210922121137j:image

青いのが良かったけど、時間的に白いソニックになってしまいました😔

大分までは、白いの、青いの、黒いの走ってるワケですね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210922121149j:image

この顔は嫌いじゃないけど、ソニックといえば青でしょ?
f:id:hikarireinagatsuki:20210922121159j:image

お茶よりもコーヒーばかり飲んでるのです。

なので、利尿作用が高いのか、お手洗い行ってばかり😅
f:id:hikarireinagatsuki:20210922121212j:image

長崎に行った時に「白いかもめ」乗ってますが、あんまり車内観察しておりませんでした。

それにしても、斬新な車内ですね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210922121222j:image

小倉で方向転換だけど、運が悪いことに、わたしの前の女性が全く理解してない。こういうヒトは面倒くさく思う。お年寄りでもないのに、イケてねぇヒトだなって思う。

リクライニングを解除しないと座席を回転する時に当たるから、仕方なく声をかけた。そしたら、今度は座席の回し方がわからない模様。どうしていいのかわからず、オタオタしてる。車内放送で、座席下のペダル踏んで回転させてねって言ってるの聞いてないの?ていうか、聞いてないから方向変わるのも気にしてないのででょうね。アンタ、いい大人でしょう?

説明するのも面倒で、このヒトの座席を回さないと、わたしがいつまでもリクライニングさせられなので、無言で彼女の座席回転させた。ボケっとうなだれたままの彼女、なんとか言えないの?

なんにつけそうだけども、初めてでもできるヒトと、何回やっても出来ないヒトもいる。後者は誰かがなんとかしてくれる環境に慣れてしまって、常に依存してるから出来ないののだろうと思ってるけどね。

初めてでもできるヒトは、常にいろんなコトに注意を払っているからだろうよ。出来なくても死ぬことないけどさ、なんかこういうヒトって、わたしはスゴくイラつくんだよね😒

小倉から大分まではそれほど海は見えません。でも、一応、海側の席を取っておいたよかったなと思える瞬間です😊
f:id:hikarireinagatsuki:20210922121231j:image

車窓もそれほど盛り上がる景色でありません。小倉から大分向かうのも通算3回目ですしね。「にちりんシーガイア」「青いソニック」、そして今回とね。「白いかもめ」は前面展望がないことを知ってしまったのでし、今回は普通席です。
f:id:hikarireinagatsuki:20210922121242j:image

大分到着〜。

ここでお昼のお弁当を買うのです。駅ビルにおいしいかしわ屋さんがお弁当も作っているのです。2月に来た時、先にヒトカラ行って弾けていたら、時短営業になってしまってて、とり天弁当しか残ってなかったから、絶対に唐揚げを食べたかったのです🙋

ホームでいきなり女性がわたし目掛けて走って来ます。過去の経験から、こういう時はわたしに何か問題がある時です😱タイツにスカート挟み込んだまま、気づかずに歩いている時とかね・・・。わたしとっさに、ワンピの裾を弄ったら別に正常だったし、なんだろうって思ったわ。そしたら、その女性が「後ろのボタンが外れてますよ」って。あー、朝脱いで、また着た時に止め忘れたんだー!!そうか、ここまで背中パーパーだったのか・・・。おマヌケな朝となったな( ̄。 ̄;)

それほど背の高くない彼女が、知らせてくださるだけでなく、わざわざ背中のボタンを一生懸命止めてくださり、なんかマヌケなわたしの為にとても申し訳ない気持ちと感謝で一杯なのでした。ひたすらにお礼を述べると、いいのよって足早に彼女はエスカレーターへ急いでいかれました。本当にありがとう❤️
f:id:hikarireinagatsuki:20210922121255j:image

くろちゃんは熊本駅には余り生息しておらず、大分駅に数多く生息しているのです。大分駅の壁面はくろちゃんばっかりです。
f:id:hikarireinagatsuki:20210922121305j:image

f:id:hikarireinagatsuki:20210922121354j:image

くろちゃんもマスクしているから😷わたしもしたまんま撮ったよ。
f:id:hikarireinagatsuki:20210922121405j:image

初めてじゃない場所はラクショーです。お店の場所もわかっているから、探す手間もないのでサクサク行けちゃいます😉

そして、お弁当です🍱サービスで鶏スープついてきますが、不安定な感じでガサゴソ動くので、考えてみた固定方法でバッチリ動かなくなって、細やかにニンマリするのです。小さな成功でも、思い通りにうまく行くと嬉しいのです😊

f:id:hikarireinagatsuki:20210922121428j:image

普通列車で海の見える駅「豊後豊岡」へまいります〜。そしたら、思った方向と逆に動き出したので、ちとビビりました。そうか、階段を逆に上がったからだと気づきます。乗り間違えたのかと思いましたよ…
f:id:hikarireinagatsuki:20210923092537j:image

20分少々で、豊後豊岡到着です。乗って来た列車を見送り、ここで1時間ちょっとの滞在予定なのです。
f:id:hikarireinagatsuki:20210923092554j:image

お天気はいいし☀️この駅なんか雰囲気いいぞ〜
f:id:hikarireinagatsuki:20210923092613j:image

花壇がお手入れされて、お花がキレイに咲いております。すでに秋の花が満開ですね。

f:id:hikarireinagatsuki:20211003222656j:plain

f:id:hikarireinagatsuki:20211003222710j:plain

f:id:hikarireinagatsuki:20211003222732j:plain

駅名標の周りは花盛り。ありきたりの花ばかりだけど、このシチェーションにはとっても映えておりますね。

f:id:hikarireinagatsuki:20211003223338j:plain

キバナコスモス。

f:id:hikarireinagatsuki:20211003223352j:plain

f:id:hikarireinagatsuki:20211003223408j:plain

ルドベキア

f:id:hikarireinagatsuki:20211003223431j:plain

列車が去ると駅にはわたし一人。至福の時間ですね。そろそろ、お弁当を頂きましょうか😋

f:id:hikarireinagatsuki:20210923092634j:image

日陰のベンチでお昼を頂きましょう。バクバク食べ始めてしまってから気づいたので、ご覧の通りの食べかけ画像です。
f:id:hikarireinagatsuki:20210923092652j:image

冷めてもおいしいお弁当でした。スープはまだまだ温もりありましたしね。

モチ、Buono!
f:id:hikarireinagatsuki:20210923092707j:image

お口直しのコーヒーでスッキリと☕️
f:id:hikarireinagatsuki:20210923092723j:image

食後の寛ぎ。海から吹く風がとても気持ちよく、時間がゆったりと流れてわたしのココロが癒されていくのです。
f:id:hikarireinagatsuki:20210923092741j:image
駅舎の前にて。ここも委託駅のようで、係のおじさまが(あー、こういうのがまた来たわー)って感じで見て来ます。
f:id:hikarireinagatsuki:20210923093139j:image

うっすらと見えてる山は鶴見岳なんだろうか?位置的にはそんな感じなんですけどね。

f:id:hikarireinagatsuki:20211003223731j:plain

青春18きっぷのポスターにもなっているこの駅。

f:id:hikarireinagatsuki:20211003223831j:plain

わたしも撮ってみましたけど、ポスターと比べてどうかな?

f:id:hikarireinagatsuki:20211003223846j:plain

別府も近いし、そんなに辺鄙な場所でもないけど、この落ち着いた感じがステキなのです。

f:id:hikarireinagatsuki:20211003223902j:plain

列車の時間になると、人がパラパラやって来ます。大分方面の電車です。

f:id:hikarireinagatsuki:20211003223923j:plain

ちょっと、なんちゃって鉄道写真家風で撮ってみた。まぁ、雰囲気だけですけどね。

f:id:hikarireinagatsuki:20211003223939j:plain

f:id:hikarireinagatsuki:20211003223950j:plain

ソニック」がすんげぇスピードで通過して行きます。跨線橋上から撮影。

f:id:hikarireinagatsuki:20211003224025j:plain

あっという間に行っちゃった〜

f:id:hikarireinagatsuki:20211003224041j:plain

そして訪れる静寂。。。

f:id:hikarireinagatsuki:20211003224213j:plain

北船岡よりもかなり都会版といった風でしょうか。ここは国道挟んでの海ですし、車の往来も激しいんですけど、駅だけはゆったりした時間の流れの感じになってるんですよね。

別府の街です。湯けむりは見えないね😳

f:id:hikarireinagatsuki:20211003224138j:plain

下りの待合室にて、ご機嫌でステップ入れて踊るわたし💃

列車は当分来ないし、駅にはわたしひとりだもんね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210923093223j:image

少し悪ノリ😁
f:id:hikarireinagatsuki:20210923093249j:image

さらに悪ノリ😂
f:id:hikarireinagatsuki:20210923093305j:image

シャレたストッキングです。ちと、高かったのですがかなり気に入りました。問題はいつ伝線するかということ😓
f:id:hikarireinagatsuki:20210923093320j:image

さて、進撃の巨人の作者、諌山創センセは大分県日田のご出身。作中に「ヒイズル国」なる、いかにも日本をイメージできるような国家が出てまいりますけども、このポスターを見て、センセは同じ大分県にある、この「日出」からオマージュされたのかなって思ってしまいましたけどね。実際のところはわかりませんけども、どーなんでしょうね😏
f:id:hikarireinagatsuki:20210923093441j:image

やってきた上りの普通列車が出発です。次の下りにわたしは乗るので、列車撮る最後のチャンス📷

f:id:hikarireinagatsuki:20211003224310j:plain

行ってしまった〜

f:id:hikarireinagatsuki:20211003224330j:plain

そして、やっぱり静寂が訪れます。ただ、旅行者風の外国人の降車客がひとりいらっしゃいました。西アジア系の方に見えましたけど、あちらから「こんにちは」って。わたしも「こんにちは〜」って。下のホームに渡って来たから、別府か大分に戻るみたい。

f:id:hikarireinagatsuki:20211003224421j:plain

なんかいいな〜。まぁ、お天気いいっていうのもあるんですけどね。

f:id:hikarireinagatsuki:20211003224449j:plain

ホームにあった勾配票。

f:id:hikarireinagatsuki:20211003224511j:plain

海と山と駅名標と。

f:id:hikarireinagatsuki:20211003224528j:plain

名残惜しく撮ります。

f:id:hikarireinagatsuki:20210923093337j:plain

楽しすぎる!!

f:id:hikarireinagatsuki:20210923093422j:plain

跨線橋を何回往復したろうか。バッグ抱えた移動日だったらちょっと無理だったね💦

f:id:hikarireinagatsuki:20210923093357j:image
最後に到着列車と。三脚だけは、倒れないように気を使います。
f:id:hikarireinagatsuki:20210923093500j:image

わずか1時間ちょっとのコトでしたが、とても幸せな時間でしたね。

平日の午後は電車もガラガラです😁
f:id:hikarireinagatsuki:20210923093852j:image
さぁ、別府へ移動だ〜。
つづく~