埋没系女装をめざす、れいの女子的おでかけ日記・・・

きれいな女子に憧れて、女子姿でおでかけするささやかな日記

大人の休日倶楽部パス 特別設定「東日本スペシャル」3日め❷雨雲の隙間をかいくぐり、角館の桜を愛でて堪能した〜美人アテンダントさん添乗のスマイルレール「秋田内陸縦貫鉄道・笑EMI号」を楽しんだよ〜

秋田内陸縦貫鉄道。。。

角館〜鷹巣間の秋田県の内陸部を文字通り貫くように結ぶ長大な3セクの鉄路です😳

ここも一度は乗ってみたくて今回の訪問となりました。なんせ美人アテンダントさんが列車に添乗すると伺ってましたのでね😍

えちぜん鉄道アテンダントさんも美人さん揃いだったけど、こちらも負けず劣らず美人さんでしたよ〜。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115337j:image

JRと改札は別になっております。まぶしー🕶
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115357j:image

韓流ドラマのロケを田沢湖でしたらしい・・・。特に興味はないけどね😒
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115415j:image

角館〜鷹巣の普通運賃が片道で1700円。プラン練っている時は、通り抜けてJR奥羽本線経て、新青森から新幹線で戻ってこようかと思いましたが、フリー切符が2500円でしたので往復するコトにいたしました。有料の急行も運行されてますが、フリー切符ですと急行料金も不要なので、まぁまぁのお得感はありますね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115447j:image

何にも調べずに来ましたが。「笑(EMI)」という豪華な観光列車での運行でした。ほかにも「縄文」というのがあるそうです。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115506j:image

急行「もりよし」ヘッドマークは「笑」
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115538j:image

あとで聞いて知りますが、これ運行課長さんが撮ってくだっさったのですよ。

出発をスーツ着た課長さんと、カジュアルなもうひと方が見送ってくださったのですが、カジュアルな格好された方はなんと社長さんなのだそう😃

時折出没されては、乗客にご挨拶なるなさるそうです。頑張ってるね。。。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115602j:image

こちらは一般の車両ですが、クロスシートに小テーブル付きで、そこそこのレベルです。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115622j:image

天井に描かれた路線図。まさに秋田県内陸を貫いてますね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115644j:image

座席は窓を向いた席もありましたが、わたしはボックスを一人で占領しておりました。この方が楽チンなんですよね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115712j:image

Jさんに頂いた「くじら餅」。彼のオススメ浅虫産です。素朴でほんのり甘くておいしかった〜。お昼の一部となりましたけどね😋
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115733j:image

雪を被った山も残ります。秋田の内陸は日本有数の豪雪地帯だそうで、4月というのにこの先は雪景色を多く目にするのです⛄
f:id:hikarireinagatsuki:20210422005621j:plain

車販もありまして、3セク鉄道へ貢献のためにお酒からいただきます🍶

持参したウイスキーとおつまみ含めて、これがお昼ご飯となります🍴
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115814j:image

ホテルのお風呂でラベルだけ剥がして持ち帰りましたよ〜
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115837j:image

魚肉ソーセージ。。。。こういうことすると、まぁまぁ喜ぶ方が存在する😁
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115901j:image

春で残る雪が、真冬の豪雪ぶりを思いえがかせますね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115925j:image

飲んで食べてご満悦〜
f:id:hikarireinagatsuki:20210419115952j:image

観光案内から車販などなど、とにかく忙しいアテンダントさん。曲線のない秋田県内最長トンネル十二段トンネルの案内では、前後の入り口を見てください〜と叫び、駅では交換列車までも案内して盛り上げようと頑張ってらっしゃるのです😊
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120014j:image

ウイスキーもうめ〜。ガタゴトのんびり揺られる列車のお酒は本当に美味しいよ。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120347j:image

テーブルの「笑」の焼印。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120401j:image

シートモケットは秋田犬🐶があしらわれているのですが、100匹に1匹くらい、ツキノワグマがいるとのことで、探してみたら見つかりました〜。わかりますか??
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120422j:image

阿仁合あたりの桜は、まだ咲き始めです。ちょうど前日開花したのだそう。

f:id:hikarireinagatsuki:20210422005648j:plain

撮影スポットしても有名な大又川橋梁です。いつもなら、エメラルド色した清流が川面を静かに流れるのだそうですが、「雨のおかげで川が濁ってコーヒー牛乳みたいです」とアテンダントさんの談話。。。まさに濁流・・・。

f:id:hikarireinagatsuki:20210422005633j:plain

列車名の「もりよし」って何だろうって思っていたら、沿線の名山・森吉山から命名されたそう。全然知らんかったけど、日本三大樹氷にも数えられるくらい有名らしくて、蔵王樹氷よりも規模が大きいとのお話です。冬に来て見てみたいね〜。寒いの嫌いだけどさ😖今日はお天気悪くて見えませんが、奥の雲の中に聳えてるらしいです。

f:id:hikarireinagatsuki:20210422005700j:plain

内陸線の最長橋梁を通過中。ここを過ぎれば終点鷹巣です。


f:id:hikarireinagatsuki:20210419120438j:image
鷹巣到着〜2時間ちょっとの乗り鉄でした。途中の観光停車もなく、純粋に急行運転ですので普通よりも所要時間は30分ほど短いです。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120508j:image

JRは「鷹ノ巣」で、内陸線は「鷹巣」なのです。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120524j:image

ホームに仕切りはないですが、改札はJRと別れてます。強風の影響で奥羽本線の上下線とも、30分から40分ほど遅延している模様。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120546j:image

鷹ノ巣は太鼓で有名だそうで、ポストもこんな感じですね。

この数分後には嵐のような雨が突然降り出します☔
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120610j:image

風で扉がバタバタするくらいの風雨で、台風かっていうくらいでした🌀折り返しまで1時間30分ほどありますが、どこか行きたい訳でもないので、まぁ待合室でボケボケ過ごしましたよ。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120630j:image

角館からアテンダントさんに鼻の下伸ばした鉄分が数人乗ってましたが、みんな通り抜けのようです。待合にはわたしひとりですよ。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120646j:image

線内の「笑内」駅の硬券入場券を購入しました。ここの鉄道は駅のメロディーを向谷実さんが作曲されているし、フリーの美人アナウンサーを大使に、あとはわたしは見ないのでよくわかりませんけど、ユーチューバーのスーツ交通さんとか起用して、販促と宣伝に努めているようですね。ギャラ発生してんのかな??
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120659j:image

秋田犬〜🐶
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120718j:image

意外と早く時間が過ぎて、早めに車内に入れてくださったのでよかったですね。

帰りも「笑」ですよ。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120820j:image

美人アテンダントさんが記念撮影してくださいます。ちょっと光量足りず、残念な顔してますけどね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120837j:image

バター餅とどらやきをいただきました。おまけの内陸線の四季のシールが付いていて、アテンダントさんがどら焼きひっくり返して何してるのかと思ったら、「これ、桜のシールですからちょうどいいですよ〜」ってわざわざ探してくれたみたい。

バター餅もこれまた素朴で美味しかった〜。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120853j:image

阿仁合駅構内に吊るされた鯉のぼりと除雪車
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120909j:image

「縄文」が留置中。第二土曜は「笑」と「縄文」の2連で急行運転するそうです。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120923j:image

阿仁合駅近くの河川敷の桜も有名だそう。車両と桜が撮れる駅です。

f:id:hikarireinagatsuki:20210422005707j:plain

社員一同でお見送りしてくださいます。

f:id:hikarireinagatsuki:20210422005718j:plain

再び、大又川橋梁です。雨は降り続いてますね。これが本来のお天気だもんね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120940j:image
f:id:hikarireinagatsuki:20210419120957j:image

このあたりは三セクとしての開業区間。山深く、雪多く、人少なしの集落ですが、線路規格は並外れて優秀みたいで、列車の乗りごごちはとてもいいです。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419121037j:image
国鉄角館線の終点だった松葉。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419121016j:image

この日のアテンダントさんと❤
f:id:hikarireinagatsuki:20210419121101j:image

角館より「こまち」で仙台へ。風が強くなってる〜
f:id:hikarireinagatsuki:20210419121116j:image

もう来ないと思って、撮っておきました。お花見ただけで、街中散策全然してないけどね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419121130j:image

秋田犬〜🐶
f:id:hikarireinagatsuki:20210419121145j:image
f:id:hikarireinagatsuki:20210419121204j:image

「こまち」到着〜。さてさて仙台へ戻りましょう。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419121220j:image

仙台着いたら夕食にお寿司いただいて、ヒトカラへ行く予定なのでした。前夜にスッ転んでヒトカラどころではなかったのでね。

ところが駅を出た途端、冬のようなあまりの寒さに身震いします。そもそも春物コートとペラペラニットでは凌げない寒さを感じて、なんかヤバいぞーって思えて来て温かいものが食べたくなってしまいました。

ホテルまでのアーケードの中にラーメン屋さんが数店ありましたが、どのお店も感染予防のためか、席を間引きしてる様子で外まで列をなして待ってます。

イオンがありますので、レンジでチンしてラーメン食べようとするも、見当たりません。

思案に暮れている時に、なぜか専門店フロアーに脚を踏み入れてしまいます。今はパレモ傘下になってしまい、今はブランド名だけが残る、かつての名古屋で「一度は通る鈴丹」と言われてたカジュアル衣料の「SUZUTAN」が仙台にあったのです。

特に買う気はなかったのですよ。ところがそこで気に入ったスカートを数点見つけてしまいます。サイズは「M」しか吊るしてません。余りにデザインが気に入ったので、おねーさんに「Lないですか?」と聞いてみるとワンサイズ展開らしいです。あ〜よくあるパターンだな(ToT)

試着を勧められますが、履ける気がしませんでしたので一度は躊躇したのですが、店内を一回りしてみても諦めきれずトライして見ることに。

結果は履けないことはないという感じでした。ウエストにゴムが入ってますし、ゆったりしたMサイズといった感じなのですけどね。正直ウエストは問題なかったのですが、ヒップを通す時にかなり窮屈な感じが気になってしまい、そんなにわたしのお尻大きくないはずなのだけどなーと思いつつ、購入までは踏ん切りつかずに帰ってきてしまいましたね。

でも、名古屋帰ってからスゲー欲しくなってしまい、とっても後悔しているのですよね。

あー、残念だー。

最後はコンビニのチルドコーナーのラーメンとなってしまいました( ̄。 ̄;)

お疲れ顔で、ホテルのフリースペースでいただく寂しい最後の晩餐・・・
f:id:hikarireinagatsuki:20210419121236j:image

つづく・・・