埋没系女装をめざす、れいの女子的おでかけ日記・・・

きれいな女子に憧れて、女子姿でおでかけするささやかな日記

大人の休日倶楽部パス 特別設定「東日本スペシャル」初日❶「新津鉄道資料館」と「萬代橋」へ行ったよ〜

2021年に入ってから、JR東日本は大人の休日倶楽部パスを連発です。例年ならば、陽気の良い4月の設定などありえなかったのですが、今年は大盤振る舞いの様相ですね…

春の4月なら「のってたのしい列車」は選びたい放題に乗れるだろうと、わたしは大喜びしていたのですが、パスの利用期間唯一の土日の期間だけは殆どの列車に運行日が設定されてないのです(*_*)ありえません・・・。

でもコレ使っておでかけしないという選択肢はないですからね。またまたイロイロ思案の末のプランとなりましたよ🙆

初日は名古屋から「のぞみ」と「とき」を乗り継いで新潟へ🚄到着後は訪れてみたかった「新津鉄道資料館」へ立ち寄ります。

翌日は貴重な運行日設定があった列車、「SLばんえつ物語」で初SLを体験して会津若松、郡山を経て仙台へまいります。

3日目はこれも乗ってみたかった、美人アテンダントさんが添乗するという「秋田内陸縦貫鉄道」に乗車して、角館の桜も美しいそうですので見ておこうという感じで大まかなルートが決定しました。

あとね初日の新潟では同じ大人の休日倶楽部パスを利用中のカメラさん!?が同行してくださいました~📷まぁ、いつぞやの博多まで来て下さった方ですよ。。。とりあえずJさんとしておきましょうか。

Jさんはパスの使用の4日目で、東京から新幹線を駆使して、毎日毎日なんと日帰りで朝から晩まで動きに動いて、乗って飲んで眠って各地で美味しいものをいただいているそう。

わたしはこの日が初日なのですが、ここ新潟でタイミングが合いましたのでお会いすることになった次第です。

朝5時50分起き😪睡眠時間少なしです。地毛で遠征おでかけを試みるため、ヘアセットに時間を費やし過ぎました。ウイッグなら被って軽くブラシで整えればおしまいですけどね、やっぱり自分の髪だと大変ですよね。それに、もしものためにウイッグも持って行くことにいたしましたのでね、ヘアセット用のヘアアイロンとイオンドライヤーも必要でしたし、ウイッグ用のスタンドとか、ケア用品も詰め込んだので結構なお荷物となってしまいましたよ😵ココロに余裕ができて、慣れたらウイッグは置いていこうと思ってますけどね。

もう時間ギリギリで、名古屋まで行くのも慌ただしく「のぞみ」🚄に飛び乗った関係で東京まで写真を撮る暇なかったのです😌

ここまで辿り着くとようやく一安心しますね~
f:id:hikarireinagatsuki:20210419100823j:image

道中で富士山見えずです。それもそのはずでしょう。今回はお天気下り坂で、行く先々でサイテーの天気予報です。どこも100%の降水確率ですよ。。。お日様を見れるのもこの日が最初で最後かもしれない感じで、わたしの命運ももはやこれまでか・・・という気分でした。お天気が良いの悪いのなんて「運」なのだから仕方ないのに、無性にイライラしてテンションダダ下がりという感じで出発しましたね(*_*)

さらに、Jさんがわたしの立ち寄る予定の角館の桜の写真を、二日ほど前に立ち寄って写真を送って下さったりするもんですから、「なんでコイツだけお天気いい時にお花見てるんだ💢」と親切で開花状況を知らせるための写真見て怒るくらいでしたね。

そもそも、角館の桜は一度見るべしという、Jさんのオススメもあって決めた場所なんですけどね。まぁ、無茶苦茶な思考になってましたね。

見つけたH5系。別に意味ないけど、見かけてしまったから撮ってみました。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419100845j:image

そしてE2系「とき」です。1時間後のE4系MAX「とき」が良かったけど、新津立ち寄るためにはこれが限界出発時間でしたので断念でした(T_T)
f:id:hikarireinagatsuki:20210419100904j:image

車内清掃中。早く乗せてほしー(´д`)乗車開始は出発3分前でした。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419100925j:image

お天気のことを考えなければまぁまぁご機嫌です。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419100946j:image

「とき」乗って「とき」を飲む!ははは〜😁JR東日本のりんごジュース🍎はどれも100%リンゴだから美味しいよ❤
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101001j:image

この日のお昼は行動食です。バナナとランチパックのピーナッツとお菓子をつまんで終了。

どうしても添加物タップリの駅弁を食す気にはなれず、コンビニのおにぎりも然りで、まぁまぁわたしは食に関してはメンドくさい奴なんです。外食もするから絶対ポリシーじゃないけど、避けれるものなら避けたいトコロです。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101048j:image

越後湯沢・・・。1月に見た白銀の世界と相まって、すっかり雪解け進んでますね。ここから新潟まではあと1時間弱です。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101108j:image

さして有名な山でもないみたいですが、雪を被っているだけでわたしには名峰に見えたりする。夏見るとなんてことない山なんだろうけどね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101127j:image
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101144j:image

Jさんとは新潟駅の新幹線ホームで待ち合わせなのです。「待ってるから号車教えて〜」という彼に、まぁまぁの遊び心と意地の悪さを持ち合わせているわたしは、号車を教えてあげませんでした。ただ「列車到着後、30秒以内にわたし見つけてね〜」って告げただけ。

10両編成の「とき」です。フツーならば指定席の6〜10号車の見渡せる範囲で待って網を貼るのがセオリーでしょう?おそらく、常人ならば左右両方向を見渡せる8号車付近で待つのではないかと読んだわたしは、乗っていた6号車から、わざわざ後方へ2両も移動した4号車自由席の車両までほくそ笑みながら移動したのですよ。

「あ〜、見つけられなくて、多分慌てるだろうな〜ウッシシ〜😁」てな感じですよ。

新潟駅のホームに進入し、停車したドアの外を見て愕然とします。降りようとした目の前のドアにJさんがニヤッとしながら立ってるではありませんか!!

なんでだ?ここは自由席の車両だぞ!しかもドンピシャでいるってどういうことだ?もう完全にわたしの負けでしたね。。。😩

待ってた根拠を聞いてみたのですが、なんとなくそこに乗ってそうな気がしただけだと言います、指定席の車両とかそういうの考えなかったのって聞いたら、全然そういう思考はなかったそうで、いやいや、これは動物並みの勘と嗅覚ですよ。わたしは驚くことしきりでしたね。

 

新津行く前にコロコロバッグをホテルへ預けに来たところです。これで身軽〜。

今回はサンルート新潟に宿泊です。東横インよりもお安くて、お部屋や水回りの古さは否めませんが、お部屋も広いし翌朝の朝食も満足いくものでしたよ☺
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101208j:image

そして信越線で新津に向かいます。新潟色のE129系。これはお手洗いも広くて綺麗なんだよね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101229j:image

そして新津駅到着です。Jさんは以前に鉄道記念館を訪れてて、あんまり見るものなかったよ〜と言いながらも、今回わたしに付き合ってくださいました。

風が強いのです。。。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101255j:image

新津駅からバスもありますが、本数が激少でして到着した時間ではバスがありません。健脚で丈夫なJさんは前回歩いて往復したそうで、片道30分程度だそう。まぁ、わたしの足元がパンプスなので、一応の気を使って下さったのか、行きはタクシー🚕でブーンっと参りましたよ。

もともとが学校のような建物でして、帰って調べてみたら国鉄時代の職員教育訓練施設の新津鉄道学園の跡だそう。鉄道学園って昔あったもんね。。。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101341j:image

資料館前の駅名標はレプリカなのか、本物を移設したのか不明です。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101402j:image

入館料300円也。早速見学開始です〜。来館者他にお二人ほど見かけましたが、ここへ来るのはひとめで鉄分濃度の高さがわかる方ばかりです。

自撮ってるとスッパ抜かれます。。。

f:id:hikarireinagatsuki:20210419101802j:image

200系新幹線と。この色好きだったから、うれしみ。。。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101437j:image

こちらの資料館は地元の熱意で成り立っているようで、展示車両の成り立ちもJR東日本の協力や、OBの努力とか自治体の働きかけ等をひしひしと感じます。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101457j:image

珍しく顔抜きの中に入ってみました。今日はカメラさんいるからね。。。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101524j:image

C57の運転台にも入れます。なんせ、運転席てでっぱり多いのでお洋服を引っかけないように気を使いましたよ。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101626j:image

出発進行〜って感じですね。それにしてもSLって前が見にくいに、車両右前は視界がないから大変だよね。。。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101644j:image

ごっきげーん!目がなくなってしまってるけどね・・・。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101711j:image

C57って貴婦人て愛称が付くらいで、綺麗なラインの機関車だと思う。C62なんかもかっこいいんだけど、ちょっとマッチョ過ぎる気がするかな。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101732j:image
二つに分かれる屋外静態保存エリアですが、どちらも上屋が設置されてて、車両の保存状態は良好です。

国鉄型の特急車両といえばこの485系でしょ。残る現役車両でオリジナル外観を留めているものはありませんのでね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101856j:image

115系新潟色。こうして見ると、電車の大きさを実感します。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101917j:image

「かものはし」みたいな顔したE4系MAX先頭車です。

E7系の台風による車両水没もあって、引退が先延ばしにされてましたが、今秋にはついに運用から外れるそうです。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101936j:image

トップナンバーだね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419101957j:image

このトキのイラスト好きだな〜。でもトキって鳥がこの美しい羽毛の時期は10月から12月だけで、あとは灰色の美しくない色の羽毛をしているそうです。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419102017j:image

また油断したところを抜かれます。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419102034j:image

見学時間はゆっくり見ても1時間弱でした。なんとか16時過ぎのバスに乗れそうでしたので、帰りはバスで戻って来ましたよ🚌
f:id:hikarireinagatsuki:20210419102832j:image
綺麗なイステンドグラスです。スマホで撮るとわたしが真っ黒になってしまうので、Dさんのデジ一眼で露出調整して撮っていただきました。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419102103j:image

新津は信越本線羽越本線磐越西線が交わる駅です。この日は平日だから下校時間と重なったみたいで高校生がたくさんでしたが、わたしがちゃかちゃか乗りこんで二人分の席を確保です。こういうことしか役に立たないものですからね。。。
f:id:hikarireinagatsuki:20210419102858j:image
❷につづく〜