埋没系女装をめざす、れいの女子的おでかけ日記・・・

きれいな女子に憧れて、女子姿でおでかけするささやかな日記

富士山麓を御殿場線の絶景を愛でる時・・・あの子を少しだけ感じて、わたしは一体何を思うのだろうか・・・。

 わりとゆったりの朝7時起きです😪

この日の予定を、わたしには珍しく直近に決めました。

こちらの方面で行きたいところといえば、わたし好みの美術展があればそこに行くし、南町田の「スヌーピーミュージアム」とか、山下公園の「RX78ガンダム」を見ることくらいか・・・。あとは江ノ島方面とか、東急とか京急の私鉄系の博物館に行きたいくらいで、それほど沢山あるわけでもないです。

まぁ、ロマンスカー最前列で箱根行くことも残されたタスクですけども、かなり夢物語に近い感じですね…

 

んで、どうするってトコロですが、最初はスヌーピーミュージアムでも寄って帰ろかなぁって思ってましたが、1週間ほど前位から、なんとなくのぞの事が気になって、なんか行った方が良さそうな思いにとらわれてしまいました。それで、結局あの子の眠っているトコロへ立ち寄る事にしたのです・・・。

 

なんていうか、わたしの報告を一番最初にのぞにしなければとずっと思っていたのですが、まさかこれが絶妙なタイミングとなって墓前に立つ事になるとは予想だにしておりませんでした。正直言えば、伊豆へ行って知らせたかったけど、好転の兆しが全く見えないご時世では、もうどうしようもないですね。

 

残りは、折角の18きっぷで帰るのでね、一度は乗ってみたかった御殿場線で富士山麓を経由して帰る感じです。大体のプランはありましたが、まぁまぁテキトーでしたよσ(^_^;

 

コート羽織る前にこの日のいでたちです🌟

この茶のスカートも結構長いこと履いてる冬物です🎽
f:id:hikarireinagatsuki:20210111001909j:image

さてさて、出発いたしますか~
f:id:hikarireinagatsuki:20210111001936j:image

新横浜で18きっぷにスタンプを押していただいて使用開始です。横浜線横浜駅へ出てお花を買いたいのですが、ちょうど直通がなくて東神奈川で乗り換えです。そしてホームを移動するのに、またまたバッグを抱えて階段上り下りをしましたね。

ちょっと、アドバンテージを稼ぐ為に、直近の電車に乗り換えしたかったのです😥

 

横浜駅には、なんとなく感じのいいお花屋さんが東口の地下街にありまして、こちらで頂いていこうかなと思ったのです。これでこちらは3回目の利用ですが、季節柄お花選びに迷いました。まぁ、ちょっと思案の末、黄色のデンドロビュームとピンクのかすみ草というコンビにいたしました🌼

デンドロビュームの花言葉は「わがままな美人」そしてピンクのカスミソウの花言葉は「切なる願い」です。まぁ、わたしが「わがままな美人に切なる願い」を込めたという感じですかね😁後付けですけども・・・。

お家使いですけど(墓参に使うとはなかなか言えないのです)と告げ、二つの束に分けていただくようお願いすると、気持ちよく作ってくださいました。

さて、お花持って大船へ移動中です。朝方予定した電車に乗れました。バスの時間もあるから、ここら辺だけはキチンと繋いでいかないと後々の予定に響いて来ます。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002011j:image

初めて来たとき、ロッカー入れるのをケチって霊園にバッグを持って行ったら、結構な地獄を見ましたのでね😵今回はコインロカッカーに荷物を入れる事にいたしました😁

構内のロッカーはスキスキでしたが、古臭い鍵タイプなのに大型700円也です。別に大型の相場の値段なのですが、わたしはな~んか高い気がしてスマホで他を探したら、改札外の1階は600円でしたよ。当然移動します🚶

こちらはICカードで決済できて、カードキーにもなる最新型でした😄

 

大船駅前バスターミナルです🚏駅前再開発のビルも1年前は建設半ばでしたが、まもなく完成のようです。駅からのペディストリアンデッキも設置されるみたいで、バスへの乗り換えは便利になりそうですね。でもまぁ、わたしはこの完成を見る事があるのかな〜とも思いましたけどね。

バス待ち中です🚏
何回目かの神奈中バスです。行き先を告げて料金を支払う仕組みですが、横浜霊園を告げる方は、わたしの他に二人ほどいらしたわ。
f:id:hikarireinagatsuki:20210114143907j:image
道中、車多くてバスは遅れ気味。対向2車線の右折レーンなどない交差点ばかりで、車が詰まってしまい、思うように進みません。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002138j:image

5分ほど遅れて横浜霊園前バス停に到着。老婦人も一緒に下車されました。

 

もはや知ったる場所ですが、いつ来てもここの霊園入口から霊園までの坂は結構難儀だと思いますよ。。。

ついた〜!!今日も空が抜けているね〜。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002205j:image

お墓はわたしの痕跡のみのよう。。。晩秋にお供えしたバラの花がドライフラワーと化してました。空気の乾燥と、気温が低いので原型を少しだけ留める事ができたのでしょう。

 

でも、ここは密じゃないし、静かでいトコロだと思うけどね。ハロウイン🎃やクリスマス🎅に、マスクもしないで大人数でパーティーしてるよりは遥かに密じゃないよ😒

 

いつものようにお掃除から。小さなほうきで土埃を払ってから水をかけます。この日の汲み水はひどく濁ってて、蛇口出た瞬間に濁っているのがわかるくらい。なので、そんな水でいくら磨いても、黒曜の墓石は綺麗にはならなかったですね(*_*)

あとは雑草をプチプチ抜いて、花立を洗浄したらお花を活けます。シュワーっとする飲み物と、コーヒー☕️を供え、ろうそくに火を灯し、お線香を焚いたらようやくお参りです。

とりあえずの報告して、残る思いをツラツラと出来事を語り、タブレットを忘れたのでわたしの歌声は聞かせる事ができず。かわりにテキトーに歌って踊って聞かせてあげたわ🎶まぁ、嬉しくもなかっただろうけどさ(´д`)

 

このお花は悪くないチョイスだったと自画自賛。。。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002227j:image

帰路の残りの行程の都合もあるので、小1時間ほどしか滞在できませんでした。ドライな感じでサラッと去るつもりが、最後は何故だか名残惜しくなってしまいました。もう少しだけここに居たいなって思った時、両手でカラダをフワッと軽く、ほんとに軽く掴まれているような感じがしたのです。そして、わたしがその場所から離れると、ほどなく解かれる感覚でした。

もうほんとに何とも思ってないのですし、思うことは出来ないです。でもなんなんだろうね?結局わたしはここへ来てしまうのです。。。憐憫?同情?未練?もうよくわかんない感情が入り乱れてる・・・。

 

結構バスの時間はギリギリになってしまい、下りの急坂で行きの老婦人が下ってらしたのを追い抜く。わたしでもギリギリなのにこの方もバスに乗るだろうけど、大丈夫かしらと人ごとながら心配になる。

 

わたしは3分程前に到着したけど、時間ちょうどに来られたご婦人は最初バスが来る方を心配げに眺めてらしたけど、ベンチにわたしがいるのを見てバスが来てなくて安心された模様。この方も名残惜しくギリギリまで墓前にいたのでしょうか・・・。

 

すると、「今日は車すくないねぇ」って、突然に話しかけられて驚いたけど、年の功はのぞままと一緒くらいかしらね。。

今日は月曜のお天気にダルマさんがついていたから、今日墓参に来られたのだそう。

わたしは「そうなんですか〜」とか相槌いれてたけど、「今日は風もなくていい日(でしたね)」って言ってる最中に「バス来ましたよ」ってあっさり遮られてしまいました。会話はこれで終了・・・。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002300j:image

まもなくオープンの大船駅の大型ビル。「GRAND SHIP」という名称だそうだけど、グランシップって、まんま大船じゃんか!!
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002318j:image

そうそう、今って感染予防の為に窓が開けっ放しじゃないですか。バス乗る前に一度済ませたのに、寒くて冷えたのか、乗ってからもお手洗い行きたくなってしまって、落ち着かない感じでした。

ロッカーから荷物出した途端、激しくプルプルしてきて、急にもよおして来てしまいます。まじヤバくて、お手洗い探しに奔走しましたが、ギリギリセーフでしたよ😵

 

大船出ますと、藤沢、茅ヶ崎辺りからも富士山が見えてます。かなりお天気良いみたいです。イヤ、良すぎて怖いくらいだな・・・。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002335j:image

車内は空いてましたので、バッグ開いてお参りセットを収納して荷物整理です。

海が見えてくると程なく国府津到着です。御殿場線の列車は同じくらいの時刻に到着してましたので、まずは車内に荷物を置きに行きます。

そしたら、ロングシートかよ〜!!でも、お手洗いはちゃんと付いてるのですよね。

f:id:hikarireinagatsuki:20210111002413j:image

本線は15両編成の列車が走る幹線を彷彿させる趣ですが、対照的に御殿場線は3両のこじんまりした電車がホームのスミで佇んでいる感じです。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002356j:image

185系踊り子が通過。3月には完全に新型に置き換えられてしまいますね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002429j:image

国府津は海の見える駅。

1番ホームを改札口と反対方向に進んで行くと海を臨むことができます。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002449j:image

雑踏から逃れて、ひとりで静寂を感じられる、こういう時間が大好きだ。今日は風もなく穏やかな一日ですし、気温は低くて日陰はひんやりするけど、日向はお日さま浴びてると暖かいです。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002503j:image

コート脱いでも全然大丈夫な感じ。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002544j:image
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002559j:image
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002623j:image

とりあえず、進行方向左側の車端のロングシートに腰掛けます。

出発してすぐに富士の雄姿が見えてまいりましたよ。

f:id:hikarireinagatsuki:20210114013013j:plain

御殿場線は今の東海道線の丹那ルートが掘削されるまでは、こちらが東海道線を名乗って複線の立派な本線だったのに、大戦中には片方の線路を剥がされて単線になったりとか、激しい没落ぶりは子供の頃から知ってましたが、実際に複線の名残が今でも確認できたりして、なんかスゴイねって風でしたよ。

 

何の石碑だろうと思ったら、東山北駅の開設碑でした。昔は鉄道ができるって結構スゲー事だったのでしょうね。

f:id:hikarireinagatsuki:20210114013022j:plain

山北駅です。交換する列車は飯田線で見たようなセミクロスでした。あ〜、あっちがよかったな・・・。どうも半分はセミクロスで運行されいる感じでしたから、まぁ空いてるし、景色も十分見えるからヨシとしましょうかね。。。

この路線、雰囲気はJR東の感じなのですが、一応JR東海の路線なんですよね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002648j:image

とにかく、富士山がよく見えます。たまに谷に入ると見えなくなりますが、ほぼほぼ走ってる間は山容が見えるのですよ。ただ、宝永火口がガバッと見える有名なフォトスポットでは、車内からですと撮影は難しくて、あくまで撮り鉄スポットという雰囲気で全く撮れませんでしたね

f:id:hikarireinagatsuki:20210114013036j:plain

小田急ロマンスカーMSEも御殿場まで乗り入れしております。

f:id:hikarireinagatsuki:20210114013048j:plain

南御殿場駅はホームから富士山を望む事が出来ます。ちょっと、電線が多いけどね。。。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002701j:image

それにしても、なんでJR東海はここで観光列車を走らせないのだろう?富士山を丸ごと展望できる車両を作ってみて、走らせてもいいと思うくらいの景色が続くのにね。そりゃ、年中見えるわけじゃないけれど、富士急を見てごらんなさいよと。とりあえず、全面に富士山を押し出してアピールしてますからね。「富士回遊」なんて、御殿場線の方が似合いそうなのに、先に使われているし、こうなったら「FUJI MOUNT EXPRESS」とか、違う愛称路線で攻めて行かないといけませんね〜。

 

でもさ、結局ドル箱の新幹線があるからかなのか、飯田線とか身延線もそうだけど、いい物持っているのに、こういう小さいトコロで余分な事はしない姿勢なのがJR東海かな・・・。

f:id:hikarireinagatsuki:20210114013118j:plain

画面左手、溶岩台地の感じがクッキリですね。

f:id:hikarireinagatsuki:20210114013229j:plain

見てて、全然飽きない。。。

f:id:hikarireinagatsuki:20210114013236j:plain

ほぼほぼ、似たような景色ですけどね。それにしてもマジ雪が積もらない不気味さ。

f:id:hikarireinagatsuki:20210114013240j:plain

これは富士岡駅だったと思う。駅名通り、綺麗に裾野が拡がる富士山が映えてますよ。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002717j:image
怖いくらいの絶好のお天気に、ちょっとイロイロ物思いに耽ってしまう。。。

のぞに出会ってからというもの、お出かけする際は不思議とお天気だけは恵まれている。台風が来てても、突然に進路が変わり、雨の予報のはずが要所では降らなかったり、晴れて欲しいところではとにかく晴れている。外すこともあるけど、大外しすることは少ないです。まぁ、ツボはいつもキレイに抑えられているのです。

こんなの偶然かもしれないと思う自分もいるけど、なんとなくわたしの守護のひとつになっているような気がしてならない。だから、なんとも思ってなくても、この事にわたしは感謝のココロを表すために墓参をしているのかもしれないけどね。

ほんと、自分でもよくわからないのです。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002746j:image

沼津到着〜。4分後に静岡方面の列車がありますが、夏にいただいた駅ビルのスーパーなんだけど、ここのお寿司が美味しかった記憶があるので、もう一度いただいていこうかなと🍣
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002807j:image

見かけた変態連結。両方ともロングシートです。。。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002821j:image

一応、ここで考えました。ホームライナー浜松ならば、名古屋まで乗り換え1回で済む上、テーブル付きのシート間違いなしです。ただ、出発が18:31で、名古屋到着も21時45分くらいの到着です。実は翌日午前に所用が入ってまして、気分的には少しでも早く着きたい感じでした。

お寿司抱えて、きっぷ売り場で時刻表を拝借して考えましたけど、到着は1時間ほどしか変わりませんが、それでも早めに着いた方がいいかなって思い、列車に乗りましたら、予想を超える展開にはなりませんでした・・・。

浜松行き普通です。お手洗いは一応ありました。313系のロングでしたので、洋式トイレのはずですが、一度も利用しませんでしたけどね。

まぁ、静岡エリアのロングシートの洗礼を受けてるトコロ。

名古屋エリアは殆どクロスシートなのに、なんで乗客の少ない静岡エリアはロングシートなのだろうか??これもJR東海の不思議。。。

これではお寿司は食べるのは無理!!
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002837j:image

やや、はしたない風ではありましたが、飲まなきゃやってられないってトコロで先にいただきました🍺
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002859j:image

黄昏時です。たまらん時間帯ですね。。。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002912j:image

田子の浦のあたり。まだ富士山が見えるね。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002926j:image

ロングシート、暗闇、静岡からたくさん人が乗って来て、乗っててつまらない事この上ない。ただ、静岡から乗ったカップルが、彼は焼津で降りてバイバイしたのに、彼女はいつまでも降りなくて、いったいどこまで行くんだろういうのが唯一の関心ごとでした。

結局、掛川で降りたので、この距離でもそこそこ遠距離じゃんと思っていたら、彼女さらに天浜線に乗って行ったから、同じ県内とはいえ結構な離れ方だと思ってしまいましたね。

次の乗り継ぎ列車に賭けてたわたしです。掛川始発の豊橋行き普通に乗り換えです。211系でしたので、あーまたかーと思っていたら・・・。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002940j:image

ついでに天竜浜名湖鉄道気動車と。。。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111002958j:image

キター♪───O(≧∇≦)O────♪これはマジな笑顔。涙袋が自然に出来る貴重な瞬間です!!目尻のシワも絶好調になりますけどね・・・。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111003013j:image

ガラガラのボックス一つを占領して、ようやくお寿司をいただくのです。

恐らく、浜松からは乗客も多く乗ってこられると思いますのでね、それまでにいただいておかないとです。わさびを効かせすぎて、涙と咳がゴホゴホ出てしまい、特に咳が気まずかった。。。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111003036j:image

浜松から乗ったハゲのおっちゃん、過度に感染を警戒してか、窓を15cm以上も開け出して、疾走する電車の窓からは冷たい風がビュービュー入って来まして、車内は外の真冬の寒さ並みです。いやいやいくらなんでも開けすぎだろうと、5cm開ければ換気効果は十分なのにね。寒くて凍えてヤバかったですが、誰も文句をいう人はいなかったな。わたしは🍺飲む気になれず持って帰りましたよ。

ちなみに、豊橋が近づいて、乗り換え時間が2分と短いから降りる準備して隣の車両に移ったら、メチャクチャ暖かく感じましたよ。

豊橋より新快速です。これが最後のランナー
f:id:hikarireinagatsuki:20210111003055j:image

名古屋市内へ入ると平行しだす新幹線を眺めながら、アイツなら1時間20分で帰ってこれるのになーと自虐的で最後の瞬間を過ごします。

まぁ、今日もよく電車に乗りましたね。横浜から在来線で帰って来るというのもオツで安上がりですけどね、やっぱり疲れますね。。。
f:id:hikarireinagatsuki:20210111003115j:image

なんかね、虫の知らせじゃないけど、なんとなくこうしといた方がいいかなって時、結果としていいタイミングになってしまったりする事があるのです。今回もそんな感じになってしまいましたね。。。

自由が丘を散策したのも、わたしも深層意識にそういう予感があったのだろうし、のぞの墓参にしても、結果としてわたしがそうしようと思っていたタイミングにわたしは墓前に立つことになってしまったしね。なんかホント不思議ですよ。