埋没系女装をめざす、れいの女子的おでかけ日記・・・

きれいな女子に憧れて、女子姿でおでかけするささやかな日記

伊豆へ。。。ある晩秋の晴れた日に・・・

 

ブラウスとかのお礼のお電話を、あの子のご実家へさせていただいた際、近いうちに、お伺いしておまいりしたいとお話しさせていただいておりました。

おまいりもしたいし、お聞きしたいこともありましたし。。。

電話口のお母様は、やさしく「いつでもどーぞ」といってくださいました。

まぁ、でもわたしのような他人は、忌明けに伺った方が良いかなってずっと思ってまして、四十九日過ぎたあとかなって・・・。でも、ココロはもっと早く行きたかったというのが正直な気持ちです・・・。

 

ちょうど1週間前、この日の予定が急遽なくなったので、お電話でご都合をお伺いすると、「大丈夫です。お待ちしてます」と・・・。

お母様から、ちょこっとの「圧」を感じて、緊張度アップです💦結局、わたしの杞憂でしたけどね…

とにかく、あの子に会いに、ようやく会いに、伊豆へお伺いする事になった次第です。

そこからは慌ただしく、緊張の日々でした。

何を着ていくのか、何をお持ちするのか、恥ずかしくないように、こんなのと一緒にいたのかと、あの子が笑われないようにと、随分とイロイロ考えましたよ。

 

でも、そもそもちゃんとした服がナイ!唯一、紺のツイードのスーツがあるけどラメ入り💧こんなんでいいのかと心配になり、ひとみさんにお伺いしたら「大丈夫よ~」って言って下さった。ホントに?って思ったけど、もう信じることにしました😌選択肢もないですしね…

 

日帰りでも良かったけど、多分余韻が残るだろうから、それに浸る為に帰り道の「富士」に1泊する事にしました。ちょっと、韻踏んでていいでしょ?😁

 

熱海は名古屋からだと意外と不便なのです。「のぞみ」と違って、停まる「ひかり」の本数が少ない上に時間もかかります。「こだま」はさらに時間かかりすぎで論外ですし、名駅でお店の開く時間に合わせると、こちらも少ない三島に停まる「ひかり」に乗って、あとはJR在来線と伊豆急で行くしか選択肢はないかなと😰

お伺いするのに、お昼時は当然外したいし、夕食前には必ずお暇したい。でも、できる限りお話の時間は欲しいと思ってましたから・・・。

なので、名古屋10:37発の「ひかり」で発ったのです🚄

 

↓お店の開店待ち中。。。緊張であんまし眠れず、さらに早めに目が覚めるという感じでグッタリ。

ヤクザなネックレスばかりで、一番マシそうなパール風のネックレス。ホントロクなものを持ってないことを痛感します(+_+)

そして、黒いバッグさえ持ってなくて、わたしを知る女子に頼んで借りた黒いバッグ。。。
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235339j:image
11月の誕生石はトパーズ。

それをイメージして作って貰ったフラワーアレンジメントです。お供えの花っぽいのはイヤだったから、可愛らしく、落ち着いた感じでまとめて欲しくてお願いしました。
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235431j:image

予定したお買い物をサクサクと済ませてホームへ。高島屋のデパ地下が空いてて助かりました😄少ないけど美味しいものを、わたしなりに選びましたよ。。。

それでも、新幹線改札へ着く頃には、まぁまぁいい時間になってましたけどね。

「ひかり」待つ間から、すでに緊張してくるけど、「今から行くから待ってろ〜のぞ~」って、ココロで叫ぶ。

でもね、わたしはあの子の遺影を前に平静を保てるだろうか、とても不安だったよ。
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235408j:image

乗ってビックリしたのは、噂以上に「ひかり」は外人多し!なんかのブログで「ひかり」は多いとは聞いていたけど、わたしの乗った車両の半分近くは外人でした😱

 

そしてまぁ、この日もフツーに富士山が見えます。わたしがあの子の伊豆のご実家へ行くのだから、お天気が悪いはずなどないと思ってたから特段驚かなかったわ😋

でも、2週間前より雪被って富士山らしくなってるね🗻
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235453j:image
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235502j:image
↓三島~乗り換え時間9分!お花とか、コロコロバッグ抱えてるから、急ぐトコロでしたけど・・・。
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235545j:image

これ見たら、撮りたくなるでしょ~

かなり、お天気良いみたいね😄三島駅の新幹線ホームから見えるなんて初めて知った。のぞみは高速で通過するからね〜。

お陰で、バッグやお花を抱えて階段を急ぎ降りるハメに😥ちょこっと大変でしたよ😰
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235553j:image

そして、JR東海の超評判悪い静岡エリア。基本ロングシートで、お手洗いさえもないのは本当だった・・・。

三島から熱海までグイグイと乗り込んでなんとか座って行きましたよ~σ(^_^;
熱海到着も、伊東線の乗り換え時間は4分。この大荷物で間に合うかなと心配でした。

電車に乗ったらのぞママに連絡することになってまして、駅まで迎えに来てくだあるとのこと。わたしはタクシーで行くつもりでしたが、ご厚意に甘えさせていただくことにしました。

リフト待ってては間に合わないので、またも階段を降下です。お花がちょっと心配でしたけどね🌹

ごった返す熱海駅に驚きます。こんなに観光客いるのか!!

そして、なんとまぁ、よりによって伊東線の普通が「黒船電車」でした。立ち客出るほどの混雑ぶりです。空いてる席はあるのですが、で〜んと足伸ばされて、向かいに座ることができません。伊豆急って、シートピッチが狭い上に、転換シートじゃないので、お連れ様でもないと、非常に座りにくいのですよ・・・。

ママンにお電話しなきゃいけないけど、デッキまで人がいるのです。声出しづる電話をするのは避けたかったけど、もう、仕方無いからお電話しましたよ。けど、周りに声を聞かれていたからスゲーイヤだったよ。あ~・・・😥

ママンの着ている服の色を伺い、わたしの着ている服の色を告げる。でも言わなくてもさ、女装のわたしなんか、絶対わかるよね。。。

 

↓シートのアームレストに腰掛けてるの図。。。ちょっと行儀悪いね。でも、景色はよく見える🌊
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235615j:image

↓海だ〜
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235624j:image

↓黒船電車車内。その内にちゃんと乗りたいよ〜キンメは乗ったからね。
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235634j:image

↓しかし、ホントにスゲーいいお天気ですが・・・。
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235644j:image
絶景とは裏腹に、わたしは手のひらがビチョビチョに汗をかいて緊張していた。深呼吸を何回しただろうか・・・。

伊豆高原に近づくと目の奥が熱くなって潤んでくる。でも、「泣いちゃダメだ、泣いちゃダメ」って必死に言い聞かせて平静を保ってたわ。
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235704j:image

伊豆高原到着。黒船とキンメの交換という豪華な眺め。
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235716j:image

↓ママンお待たせしているから、サクサクと急ぎ写真を撮ります。
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235725j:image
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235739j:image

ママンは歩いてくるわたしを、すぐにわかったみたい。明らかに雰囲気違うのがカツカツと歩いてくればわかるよね・・・。そして、ママンはイメージしていたよりもずっと小柄な方でした。

 

助手席に乗せて頂いて、ご実家へ。標高300m以上の高台だそうです。もう高台というより、低山ですね…

到着して、お父様にご挨拶を済ませ、小さなお仏壇にお持ちしたお花を添えます。

飾られた弟さんとあの子の遺影。遺影の中ののぞは確かにあのブラウスを着てた…

じっと手を合わせて、話しかけてみた。

妙に気配を感じた。あの子を感じるけど、何だか静かで固まっている感じ。

ココにいていいの?って思ってしまったけど、どうなんだろうか・・・??

言いたいこと山ほどあったのに、コトバが余り出てこなかったし、何を話したのか思い出せないよ。何でだろ…

深いため息出たのは覚えてるけどね…

 

ご実家バルコニーからの絶景眺望!!伊豆七島がくっきり。それどころか、房総半島まで見えてた!!先っちょは銚子だとパパンが教えてくださる。あ~、伊豆の方が南になるんだね。ここまで見えるのは、かなりの好天気だそうです🌅
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235756j:image
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235809j:image
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235820j:image
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235836j:image

お話しをたくさん伺いました。逆にわたしなんか、大したお話しを出来なかったくらいです。

予想通り、お二人のご自慢の「息子」さんを語ってくださいました。幼少の頃から大人になってまでのコトをずっと、ずっと・・・

わたしは、聞きづらいことをなかなか聞き出せず、のぞの遺影の上の時計を気にしながらの会話でしたが、最終的には、わたしの知りたかったコトも、知らない方が良かったコトもお聞きしました。わたしにとっては辛い話もあったけどね。

 

でも、ちょっと齟齬が出るコトがいくつかあって、その度にわたしのコトバや顔色を失うこともありました。でも、ママンは「違います」ってハッキリ仰るし、それが事実なんでしょうけど、わたしは全然アタマで整理しきれない。もう、混乱の嵐です。

ご両親にはどう映ったのか、わからないですけど、お気づきになられなかったかな。

細かいコトは今はここに記せないです。でも、わたしには大きなダメージでした・・・

帰る際、もう一度ご仏前に手を合わせるのを忘れるほどに・・・。

 

「一緒にここへ来れたら良かったのにね…」ってママンがポツリと仰る。

でも、わたしは思ったよ。そんなコトあの子は絶対しなかったろうって。もし、仮にそうあったとしても、ママンとお話しする機会はあの子が作らせないようにしたただろうね…

 

日もすっかり落ちて辺りは暗くなってました🌅

ちょっと、長居をし過ぎましてしまいましたね…。

もう、おいとましないといけない時間です。

帰り際、おパンと撮らせていただきましたよ🐼

膨大なコレクションは、棺に入れられたモノもあったそうですが、殆どはご実家へ運ばれたそうです。みんな良かったね…

でも、くまはなかったな・・・。くまの写真お見せしたけど、「あ~、ないですわ~」とのこと。一緒に棺入って行ったか、保育園に寄贈されたかでしょう💧
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235849j:image
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235919j:image

 

駅までママンに送って頂いて、荷物重そうだから、ママンが持つって言われだけど、わたしは「中身はオトコですから大丈夫ですよ・・・」って。そしたら「のんちゃんも同じコト言ってたわ~」って。。。

改札でママンが見えなくなるまで手を振り続けたよ。

でも、ひとりになった途端、先ほどのコトが思い出されて、ひどく落ち込み、考えてしまうと、自分の中にたまっていた熱が急激に冷めていったよ。

一体、わたしはなんっだたんだろうって・・・

まばゆい駅のイルミネーション。ここへ来た証に撮ってみたけどもね。
f:id:hikarireinagatsuki:20191130235930j:image
ぼんやりと思いがアタマの中を巡る。来たこと、お聞きしてしまったコトに後悔はしてないよ。でも、疑問は解決できないし、そもそも問いただす人はもうここに居ない。もう、逝っちゃたからね・・・。

 

熱海からの普通電車。浜松行きでロングランだけど、お手洗いなしのロングシート💧わたしは富士までだから良いけどさ。

5両だったから、最後尾空いてたので座っていたら、後ろ2両は沼津までって~早く言ってよ~💢
f:id:hikarireinagatsuki:20191201000030j:image
余韻浸るどころか悩ましいだけの夜。こんなんなら、帰った方がどれほどマシだったかと思った夜でした・・・。